スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッドレスの寿命は?

PAK26_sutadresutaiya20140208500.jpg
こんにちはハムコです。
秋田県は初雪も降り当然ハムコもスタッドレスタイヤに交換しました。
気になるのは交換したスタッドレスタイヤは、今年も効果あるのかな?まだ寿命ではないよな?ということです。

ハムコの知識では、ひび割れが発生またはプラットフォームが接地面まで出てきたら新品のスタッドレスタイヤに交換。
の2点です。

では、真偽のほどは・・・タイヤのことはタイヤ屋さんのサイトをのぞいてみましょう。
のぞいたのはTOYOタイヤさんです。

その1 タイヤの溝にあるプラットホームがチェックポイント!

プラットホームは、スタッドレスタイヤの摩耗状態が一目で分かる「目印」です。地面と接しているタイヤのトレッド面が摩耗すると、溝が少なくなります。溝が不十分だとグリップが効かず、冬道をとらえることができません。スタッドレスタイヤは、溝の深さが新品時の50%未満になってしまうと冬用タイヤとして使用できなくなります。摩耗度合いを教えてくれるのがプラットホームです。新品時に溝と溝の間に隠れているプラットホームは、摩耗が進むと露出してきます。接地面まで浮き出てきていないか、ぜひ確認しましょう。タイヤのサイドウォールの「↑」印をたどったトレッド面の溝にプラットホームがありますので、一度確認してみて下さい。

その2 ゴムの劣化も要注意!

ゴムは経年変化によって劣化していきます。走行距離が少なく、摩耗が進んでいないスタッドレスタイヤでも、数シーズン使用している場合は表面にひび割れができていないかチェックしましょう。ひび割れができていたらゴムが弱くなっている可能性があります。ゴムの劣化はバーストにつながる恐れもありますので、状態によっては買い替えも検討下さい。

その3 新しくても空気圧に注意!

ワンシーズンしか使用していない新しいスタッドレスタイヤでも、確認は必要です。車ごとに決められた指定空気圧を下回って使用している場合、ひび割れを起こしている可能性もあります。このほか、保管場所、保管方法によってもスタッドレスタイヤの寿命は変わってきますので注意して下さい。

スタッドレスタイヤの“寿命”を知っていますか? | ON THE ROADより



ハムコの知識も間違って無いようでした。
もちろん、一ヶ月に一回は空気圧チェックも怠りません。燃費にも影響しますからね!

あなたのスタッドレスの状態はいかがですか?



スポンサーサイト

検索フォーム

メニュー

ご訪問感謝です!

ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。