スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GARSON(ギャルソン) タント L350/360S



ギャルソン ドアミラーイルミネーション2 タント (L350 )
スタイリッシュ&ハイクオリティー!
欧州車に見られるようなレンズカット
ラグジュアリー感溢れる輝き
付属品:LUXURY MIRROR DECAL
材質:FRP
商品画像はイメージです



GARSON(ギャルソン) D.A.D フロントテーブル タント L350/360S
詳しくはGARSON HPをご覧ください
スポンサーサイト

タント L350/360 エアロ コンプリート K-BREAK(ケイブレイク)

タント L350/360 エアロ3点セット コンプリート K-BREAK(ケイブレイク)

タント L350/360 エアロ3点セット コンプリート K-BREAK(ケイブレイク)

タント L350/360 エアロ3点セット コンプリート K-BREAK(ケイブレイク)

タント L350/360 エアロ3点セット コンプリート K-BREAK(ケイブレイク)
タント L350/360 エアロ3点セット  塗装済 コンプリート K-BREAK(ケイブレイク)

タント L350/360 フロントバンパー コンプリート K-BREAK(ケイブレイク)

タント L350/360 フロントバンパー コンプリート K-BREAK(ケイブレイク)
タント L350/360 フロントバンパー  塗装済 コンプリート K-BREAK(ケイブレイク)

タント L350/360 サイドステップ コンプリート K-BREAK(ケイブレイク)

タント L350/360 サイドステップ コンプリート K-BREAK(ケイブレイク)
タント L350/360 リアバンパー コンプリート K-BREAK(ケイブレイク)
タント L350/360 サイドステップ  塗装済 コンプリート K-BREAK(ケイブレイク)
タント L350/360 リアバンパー  塗装済 コンプリート K-BREAK(ケイブレイク)
これまでのドレスアップとは一線を画す新たな提案
シンプルでありながらも機能美を追求
大人の高級感を放つ仕上がりを実現
FRP製
詳しくはK-BREAK HPをご覧ください

スターター取り付けRF4ホンダステップワゴン 

こんにちは、ハムコです。
今日のお仕事の一部をご紹介。
RF4ステップワゴン(イモビライザーなし)にユピテルのスターターを取り付けしました。
取り付け方をかんたんにみなさんにもご紹介します。

ユピテル スターターとハーネス

取り付けしたスターターはユピテルVE-E55R(W)+ハーネスH-116です。

使用した工具

使用した工具は、10mmソケットエクステンションバーラチェットハンドルドライバーニッパーマグネット付パーツトレイ絶縁テープです。
では、はじめましょうか。

パネル

センターコンソールパネルの左側にクリップがありますので、クリップの中央のピンをドライバーで軽く押して、ピンが引っ込んだらクリップをとります。
工具を使わなくてもクリップははずれますが、はずれない場合はクリップクランプツールを使いましょう。

パネル

センターコンソールパネルの右側にもクリップがありますので、こちらもとりましょう。

ネジをはずします

ハンドルの右下にある小物入れの上側のネジをはずします。

シガーライターわき

シガーライターわきのネジをはずします。
灰皿もはずしておきましょう。

コネクターをはずします

あとは、手でパネルをはずしていきます。
パネルをはずすとシガーライターの部分とエアコンに温度センサーの部分にカプラーがあるのではずします。

パネルをはずした後

パネルをはずすとこんな感じです。

パネルの裏側

はずしたパネルの裏側はこんな感じです。

ピラー

今回はスターターのアンテナを運転席側のダッシュボードに付属のマジックテープで貼り付けます。
ピラーカバー部分のゴムをはがします。
ピラーカバーを手ではずします。

はずしたピラーカバー

はずしたピラーカバーの裏側です。
クリップは2箇所です。

アンテナ設置

ダッシュボードの汚れをワックスオフなどで落としてからスターターのアンテナを付属のマジックテープで貼り付けます。
アンテナの配線をピラー部から足元へ引いておきます。

ハーネス接続部

ハーネスの割り込み先は、ヒューズボックスの上側の6ピンコネクター部分になります。
配線が邪魔してますのでよく探してください。

アース接続部

アースはコラムカバー右側を覗くと純正配線のアースポイントがありますので、そこへ接続しました。

スターター本体との接続

アンテナのカプラーとハーネスのカプラーをスターター本体に差し込みます。
あとは、スターターの取り付け説明書に沿ってスターターをセットしてください。
スターター本体と余分な配線ををそれぞれ、落ちないように固定してします。
作動チェックしてOKなら、パネル類をはずした順番とは逆の順番で元にもどして完成です。

これで作業工賃がタダになります。

BEHRMAN GT DMDフェンダー MH ワゴンR LEDフィン

BEHRMAN GT DMDフェンダー MH ワゴンR LEDフィン

BEHRMAN GT DMDフェンダー MH ワゴンR LEDフィン
風が光を包み込む新たなマーカースタイルのプロローグD・M・D
スタイリッシュなフィンマーカーダクト
白ゲルコート仕上げ
写真は装着イメージ
詳しくはBEHRMAN HPをご覧ください

検索フォーム

メニュー

ご訪問感謝です!

ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。