スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランツ エアロ モコ MG22S

グランツ エアロ3点セット モコ MG22S

グランツ エアロ3点セット モコ MG22S

グランツ エアロ3点セット モコ MG22S
グランツ フロントハーフスポイラー モコ MG22S
グランツ サイドステップ モコ MG22S
塗装済み! グランツ エアロ3点セット モコ MG22S
塗装済み! グランツ フロントハーフスポイラー モコ MG22S
塗装済み! グランツ サイドステップ モコ MG22S

グランツ リアハーフスポイラー モコ MG22S

グランツ リアハーフスポイラー モコ MG22S
塗装済み! グランツ リアハーフスポイラー モコ MG22S

グランツ フロントバンパーガーニッシュ モコ MG22S

グランツ フロントバンパーガーニッシュ モコ MG22S
塗装済み! グランツ フロントバンパーガーニッシュ モコ MG22S

グランツ リアウイング モコ MG22S

グランツ リアウイング モコ MG22S
塗装済み! グランツ リアウイング モコ MG22S
FRP製
スポンサーサイト

スパルタンなルックスのD-SPORT ボンネットダクト マックス

D-SPORT ボンネットダクト(ターボ車専用) マックス用

D-SPORT ボンネットダクト(ターボ車専用) マックス用
スパルタンなルックスのカーボンファイバー製
吸入エア増加に伴い、エンジンルーム内の熱のこもりを効果的に排出
インタークーラーの効率を格段に向上

三菱 パジェロ ロング ディーゼル車 試乗

こんにちはハムコです。
前の記事ではアイミーブの試乗でしたが、もう1台パジェロ ロング ディーゼル車も試乗してきました。

三菱 パジェロ ロング ディーゼル車

なんといってもクリーンな排気のディーゼル車です。
エクステリアも躍動的で引き締まった感じで素敵です。
さっそく、三菱の方にアクセルを踏んでいただいて、ハムコはマフラー側へ移動。
おっ!おー!!!!いくらアクセルを踏んでも黒煙が出ない。
低年式のガソリン車よりも、確実に排気ガスがきれいで、においも気にならなかったです。

3.2Lコモンレール式ディーゼルエンジンというものらしいですが、コモンレールってなに?
<コモンレール式燃料噴射システム>
コモンレール式燃料噴射システムとは、燃料を高圧化して供給する高圧燃料ポンプ、高圧燃料を蓄えるコモンレール(蓄圧容器)、電子制御インジェクター(燃料噴射装置)、その他センサー類、およびこれらを制御するコンピューターによって制御されているシステムのことで、燃焼を高精度でコントロールして理想的な燃焼を実現している(カタログより抜粋)

三菱 パジェロ ロング ディーゼル車

内装も落ちついたカラーと高級感のあるインパネです。

試乗の印象は、エンジンをかけた瞬間から今までのディーゼルエンジンよりは確実に静かで振動も少なくなっています。
いざ、公道を試乗しますとアクセルはとてもスムーズで車両の重さは感じられません。
同乗者の方がリア座席にいて会話をしましたが、声の高さを大きくしなくても会話が出来ます。
装備類を確認する時間がありませんでしたので、細かくは紹介できませんがディーゼルのイメージが変わる1台であると認識しました。
是非、お近くの三菱で試乗してみてください。

ネットで見積もりも忘れないでくださいね
>>>全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

アイ ミーブ(iMiEV)試乗

こんにちはハムコです。
今日はまだ発売されていないクルマ、三菱アイミーブに試乗で来ました。
試乗といっても運転はさせてもらえませんでしたが、助手席に同乗です。
田舎では超貴重!

みなさん、三菱アイミーブってご存知ですか?
そう!電気自動車です!
ガソリンと電気のハイブリッド車ではないですよ。
電気だけで走る自動車です。

三菱 アイミーブ

これがアイミーブです。なんかわくわくしてきました。
整備士の方がピースしてるような・・・

アイミーブの主要諸元(アイミーブカタログより抜粋)
全長X全幅X全高:3,395X1,475X1,600mm
車両重量:1,080kg
乗車定員:4名
最高速度:130km/h
一充電走行距離(10・15モード):160km/h
モーター種類:永久磁石式同期型 最高出力:47kW 最大トルク:180N・m
駆動方式:後輪駆動
電池種類:リチウムイオン 総電圧:330V 総電力量:16kWh

三菱 アイミーブ

試乗を終わってきて、充電中です。
アイミーブには、電源コードが2本よういされていて画像では200V用の電源コードで充電しています。そして、もう1本は家庭用の100Vからも充電できる電源コードが用意されていました。

さて、気になる充電時間ですけど以下になります。
家庭充電(フル充電):200V(15A)で約7時間、100V(15A)で約14時間
急速充電(80%充電):3相200V-50kWで約30分
アイミーブカタログより抜粋)

ハムコはほとんど通勤だけしかクルマを使ってないので1日に30kmくらいでしょうか、フル充電で160km走れるので街乗りではアイミーブで十分ですね。

三菱 アイミーブ

車両の右側は家庭充電用、左側は急速充電用になってます。

アイミーブはリチウムイオン電池を搭載しています。
気になる交換時期は話によると、寿命が14年くらいらしいです。
昨今のクルマを乗り換えるサイクルよりは長いので、リチウムイオン電池を気にすることはないようです。

三菱 アイミーブ

アイミーブのメーターですが、見た目アイとほとんど一緒です。
プリウスみたいに、画面に電気の流れが表示されると面白いと思いますけどね。

試乗した印象は、ネットや雑誌でも書いているとおりトルクがあります。加速時はシートに体が押し付けられます。あっというまにスピードが出ています。
音に関しては、ハイブリッド車の低速走行時の電気だけで走っている感じと一緒で静かです。逆にクルマが来たことが分からないほど静かです。歩行者にしてみれば、クルマが近づいていることに気がつきませんので危険なクルマということになります。三菱の方も対策を考えなくては言っておりました。
タイヤノイズは普通車に比べるとうるさく感じます。静粛性をもっと上げたほうがいいかも。

来年市販される予定ですが、車両価格は400万円くらいになりそうとのこと。そこから補助金が100万円くらい出て、300万円くらいになるらしいです。
高いか安いか!?

あと、アイミーブは後輪駆動なのですが、こちらは雪国なのでクルマといえば4WDがメインです。
4WDも出そうですかねと聞いたところ、構造的に無理かもって言われました。
販売的には雪国では難しい車種か!?来年のことですけど(笑)

三菱さん、貴重な体験ありがとうございました。

スズキ純正部品 ワゴンR WAGON R [MH23S]

スズキ純正部品 ワゴンR WAGON R [MH23S]フロントグリル

スズキ純正部品 ワゴンR WAGON R [MH23S]フロントグリル
個性的なフロントマスクに変身
樹脂クロームメッキ

スズキ純正部品 ワゴンR WAGON R [MH23S]ドアミラーカバー(LEDサイドターンランプ付ドアミラー用)

スズキ純正部品 ワゴンR WAGON R [MH23S]ドアミラーカバー(LEDサイドターンランプ付ドアミラー用)
上質感が高まります
樹脂クロームメッキ
左右セット

スズキ純正部品 ワゴンR WAGON R [MH23S]ドアミラーカバー(LEDサイドターンランプ無ドアミラー用)

スズキ純正部品 ワゴンR WAGON R [MH23S]ドアミラーカバー(LEDサイドターンランプ無ドアミラー用)
ワンポイントでこだわりのドレスアップに
樹脂クロームメッキ
左右セット

スズキ純正部品 ワゴンR WAGON R [MH23S]ハイドロフィリックドアミラー

スズキ純正部品 ワゴンR WAGON R [MH23S]ハイドロフィリックドアミラー
雨天時、水滴を馴染ませて後方を見やすくするバックミラー
2WD用
交換タイプ
左右セット
ブルー

グッドデザイン賞受賞のワゴンRスティングレーを試乗

こんにちはハムコです。
グッドデザイン賞受賞ワゴンRスティングレーを試乗です。

ワゴンRスティングレー

試乗のクルマはスズキ ワゴンRスティングレー TS 4WD CVT。
外観は、ヘッドライトからサイドは横のラインでいい感じに決まっていますがリヤのテールランプはいきなり縦になっているのが違和感があります。
TSはフォグランプが標準装備で専用アルミホイールを装着しています。

ワゴンRスティングレー

リヤのデザインははワゴンRとほぼ一緒。
車両本体価格は1,671,600 円なり。ライバルのムーブカスタムは4WD CVT ターボ RSは1,674,750円でスズキはかなり意識したように思えます。

ワゴンRスティングレー

内観は黒で統一され高級感が増しています。
ベースがパレットらしくリアシートの足元も余裕があります。もちろん、リアシートは左右独立のスライド付です。

ワゴンRスティングレー

これはフロントスピーカーなのですが、TSに標準装備で青色LEDが内蔵されていてドアを開けたときや常時点灯でき夜はとてもきれいに見えそうです。インパネ、ドアトリムにも内蔵されていましたが、日中はわかりづらいです。

TSには7個のスピーカー+サブウーハーがついていてサウンドもなかなか、他にはプッシュスタート、オートエアコン、イモビライザーなどが標準装備です。
さらにはパドルシフト!なんと7速まであり、いざ体験!
一般道では7速まで使えませんでした。5速くらいで信号待ちとか、前のクルマに追いついてしまいますがレッドゾーン手前まで引っ張れる快感を味わえます。アルトワークスが復活してこのパドルシフトがつけば超楽しいかも・・・。
コーナリングでも安定した姿勢で走ってくれました。
燃費は10・15モードで20.5km/Lとのこと、ライバルのムーブカスタムRS 4WD CVTで19.8km/Lなので優秀です。
CVTもスムーズに加速してくれます。

気になるところといえば助手席に乗ると狭いなーと感じるくらいで全体的に良い評価です。
是非お近くのスズキ販売店で試乗してみてください。
ついでに見積もりもしてもらうかもしれませんが、その前にネットで見積もってから行きましょう。
見積もりしてもらった価格が高いのか安いのかわかりませんから・・・
>>>全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!


ムーブコンテ&ムーブコンテカスタム試乗

こんにちはハムコです。

ダイハツの新型車ムーブコンテ&ムーブコンテカスタムを試乗しました。

ダイハツ ムーブコンテ

かくかくしかじかでおなじみのムーブコンテで、グレードはX、4WD CVT シャンパンゴールドメタリックです。

ダイハツ ムーブコンテ

明るい内装色で車内が広く感じられ、シートのパイピングなどの赤色がおしゃれ度をアップしています。

ダイハツ ムーブコンテカスタム

こちらがダイハツ ムーブコンテカスタムで、グレードはX、4WD CVT パールホワイトⅢです。

ダイハツ ムーブコンテカスタム

いろいろな車種のデザインが良い意味で盛り込まれている感じです。
たとえば、外装はキューブやザッツやタントやラパン、内装はネイキッドでしょうか。

ダイハツ ムーブコンテカスタム

ムーブコンテカスタムの内装は黒色にシルバーのアクセントで高級感があります。

ダイハツ ムーブコンテカスタム

シートは適度の大きさと厚みがあり、座り心地は良いようです。

ダイハツ ムーブコンテカスタム

ムーブコンテカスタムのメーターです。
クールに青く光ります。発色がよくまぶしいくらい。

感想
ムーブコンテ、ムーブコンテカスタムともに外観はボリュームがあり大きく感じられます。この感じはカタログではわからないと思います。
外観のデザインはヘッドライトが涙目になっているところとグリルのデザインで好みは分かれると思いますが、ハムコはカスタムが気に入ってます。
パールホワイトのボディカラーも悪くないでしょう。

内観は内装色がコンテとコンテカスタムでは違いますので、内装色によって車種を決める方もいるのではないでしょうか?コンテにはオプションでブラックインテリアも選べるようになっています。
室内の広さはスクエアな形のため、圧迫感はどの席に座ってもありません(ちなみにハムコの身長はは174cmです)。タントまでの広さや高さが必要のない方にはおすすめの車種です。

運転席に乗ってみて久しぶりにボンネットが見えるクルマに乗りました、久しぶりに味わう新鮮な感じ!
窓越しの景色も見やすく、バックもしやすいです。


今日は、ムーブコンテカスタムを借りて帰宅しました。
ハムコは営業なので、たくさんの方の意見が参考になります・・・ということで、ハムコの奥様に乗っていただきました。
奥様の愛車、H14年式のMC系ワゴンRとの比較です。
第一印象
奥様:「わぁ!おおきい」
助手席に乗せて試乗です。
奥様:「ひろ~い!新車の香りがする~!新車っていいね!」
おいおい、もう気に入ったのかよ!?
奥様:「窓も大きくて、見やすいね。ワゴンRはピラーのところが見にくいのに、このクルマは見やすいね」
確かに、うちのワゴンRに比べるとAピラーの死角が少ないです。
コンビニについたので後席に移動してもらいました。
「後ろもひろ~い!最近の軽ってすごいねー」
以前にムーブカスタム乗せたときも同じこと言ってたような・・・
2件目のコンビニについたので今度は運転席へ移動してもらい、自宅まで運転してもらいました。
ハムコは後席へ移動です。
いざ発進!
「見やすーい!運転しやすい!スムーズだね!」
これらの言葉が連発で出てきます。
見やすーい・・・これは、窓が大きいのとフロントウィンドウが立っているための効果でしょう。
運転しやすい・スムーズだね・・・これはCVTの効果が大きいと思われます。ワゴンRはアクセル踏んでも走らないみたいです。
奥様:「エンジン止めるときはどうするの?ドアの鍵は閉めなくてもいいの?」
そうでした。キーフリーなのでキーシリンダーにはキーが差しこまれていません。ハムコのポケットの中にキーがあります。クルマから降りる前に説明しました。
奥様:「クルマも5年も経つと変わるんだねー」
改めてキーフリーシステムを知らない人もいるんだなぁと反省。
こんな単純なやり取りが為になります。


ダイハツ ムーブコンテとムーブコンテカスタムの見積もりを取りに行く前に、ネットで事前に見積もりしてからお店へGO!商談の際、役に立ちます。
こちらから>>>全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!


検索フォーム

メニュー

ご訪問感謝です!

ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。