スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分で出来る!スターター取付 L585Sムーブコンテカスタム

今回ご紹介するのはダイハツ L585SムーブコンテカスタムRSにユピテルエンジンスターターの取付です。
型式L585Sは4WD、L575Sは2WDで、どちらでも取り付け方は一緒です。
また、キーフリー装着車になります。
スターター本体はどの品番でも取り付け方はほぼ一緒でしょう。車種別ハーネスはT-117、イモビ対応アダプターはJ-99を使用しています。
では、はじめましょう。

バッテリーのマイナス端子をはずす

↑必ずバッテリーのマイナス端子を外し、2~3分待ってから作業しましょう。車両故障を防止するため!

インパネアンダーパネルを外す

↑ステアリング下のインパネアンダーカバーを外します。画像はコラムカバーが既にはずされてますが、インパネアンダーカバーを先に外した方が楽です。引っ張るだけで簡単にはずれます。

コラムカバー下側を外す

↑コラムカバー下側を外します。

コラムカバー下側

↑コラムカバー下側は○印3箇所をプラスドライバーでタッピングビスを外します。

ハーネス割り込み場所

↑コラムカバー下側を外すと、キーシリンダーにつながっているカプラー(○印)が見えますので車種別ハーネスはT-117を割り込ませます。

アースポイント

↑車種別ハーネスはT-117のアースは、インパネアンダーパネルを外すと見えるエアコン吹き出し口周辺に取り付けしました。

イモビ対応アダプター割り込み場所

↑ステアリングの右側にコントロールユニットが見えます。40極カプラーを外してイモビ対応アダプターJ-99のを割り込ませます。

グローブボックスを外す

↑グローブボックスを外します。グローブボックスのサイドを内側に押しながら外します。

Pポジションインジケータランプ配線

↑コンテカスタムRSはターボ車なのでターボタイマーを使用するためにPポジションインジケータランプ配線を探します。
グローブボックスを外すと、ヒューズボックスがあります。その右側の○印の35P灰色カプラーを見つけましょう。

Pポジションインジケータランプ配線

↑35P灰色カプラーから桃/黒の配線を探し、スターターに付属の配線(茶色)をつなぎます。
ターボ車でない場合はこの茶色の線をフットブレーキスイッチ配線に接続します。

L端子取付場所

↑ついでにL端子もつないでおきましょう。助手席足元のカバーを外します。

助手席足元のカバー

↑つめは○印の3箇所にあります。

L端子取付場所

↑6P青色カプラーを見つけます。

L端子

↑6P青色カプラーから出ている白/赤がL端子です。スターターに付属の配線(白色)をつなぎましょう。

画像はありませんが、フロント左ピラーカバー(Aピラー)を外し、スターターのアンテナを設置しましょう。

スターターにそれぞれの配線をつないで、バッテリーのマイナス端子をつなぎ、作動チェックをしてOKならば外したパネルを元に戻して完成です。
スポンサーサイト

シルクブレイズ エアロ ムーブ L175S/L185S

シルクブレイズ ケースペック エアロ ムーブ L175S/L185Sシルクブレイズ ケースペック エアロ ムーブ L175S/L185S

シルクブレイズ ケースペック ムーブ L175S/L185S
エアロ 3点セット
地上高データ:
フロントスポイラー:中央 6.0cm、サイド 4.5cm
リアスポイラー:中央 8.0cm

高品質純正塗装 アイライン

高品質純正塗装 アイライン

高品質純正塗装 アイライン




フロントリップスポイラー

フロントリップスポイラー

フロントリップスポイラー

高品質塗装品!
ケースペック シルクブレーズ
ムーブ(L175/185)
フロントリップスポイラー

ファブレス フロントグリル クロームメッキ パレット

高級クロームメッキにより、純正フロントグリルをスタイリッシュにカスタム

ファブレス フロントグリル クロームメッキ

ファブレス フロントグリル クロームメッキ
純正のスタイルを崩さずにメイクアップしたい人にもピッタリで、お手軽に高級感もアップ!
適合車種 SUZUKI パレット
適合型式 MK21S
素材 ABS製
カラー クロームメッキ

オープン2シーター!最高です!!

前回の記事「この車の名前はなんでしょうか?」の答えは生産終了してしまったトヨタMR-Sが正解です。
オープン2シーター!最高です!!
以前、トヨタMR-2(SW20)、ユーノスロードスター(NA6CE)を所有していたこともあり、このMR-Sはとても興味のある車です。
そこで試乗インプレッションです。

トヨタ MR-S

MR-2(SW20)に比べると、コンパクトになり幌タイプのオープンになりました。
エクステリアはとてもスポーティ!国産車には見えないスタイルが素敵です。
ヘッドライトが蛙っぽく見えてしまうのは私だけでしょうか?

トヨタ MR-S

リヤのデザインは最高です!
まさにレーシングカーみたいです。
エンジンはもちろんミッドシップ、サイドのエアインテークが迫力あります。
MR-2はエンジンルームの後ろにトランクがありましたが、MR-Sはエンジンルームの後ろにトランクがなくなりました。この走行性能を追求した車の作り方に共感できます。

運転席に座った瞬間、アイポイントが低い!ロードスターより低いかも。
もちろん、オープンにして走行開始です。
風の巻き込みがほとんどない!スピード出しても髪形乱れません。さらに助手席との会話も普通に出来ます。

足回りも固めのセッティングでコ-ナーリングはスムーズ!スピードが出ていてもコワく感じません。
MR-2と一緒で限界超えるといっきにくるんでしょうけど。

なんといっても、走行中でも信号待ちでも注目されてるって感じが最高です!みんな見ますよ。

このMR-Sは走行距離が約10万キロ走ってますが、エンジン絶好調!車のガタもない状態。
さすがトヨタって感じかな。

今、もっとも売れているといわれるトヨタ プリウスの試乗

今、もっとも売れているといわれるトヨタ プリウスの試乗インプレションです。
気になる燃費も先代に比べて大幅にアップされてるのがなによりもエコなのでしょう。

トヨタ プリウス

フロントのデザイン、特にヘッドライトはスポーティなシャープなつり目で躍動感があります。フロントバンパーは大きくボリュームがあり、どっしりとした印象を受けます。ルーフエンドまで流れるラインがなめらかで無駄を省いたデザインに仕上がっています。
気になるとすれば、ドアミラーの付け根がなぜボディ同色ではないのだろう?

トヨタ プリウス

運転席側からの画像ですが、曲線を巧く使い圧迫感のない空間になっています。スイッチ類もすっきりとしていて、使いやすい位置にあります。

トヨタ プリウス

私の身長は173.5cmですが後部座席は足元、頭上の空間も適度にあり長距離をかけても疲れにくいそうだと感じましたが、座ったときに前席のヘッドレストの面積が大きく前の景色が見にくいなと感じました。

トヨタ プリウス

バックドアはハッチバック式なので、荷物の積み下ろしがしやすそうです。

トヨタ プリウス

メーターの位置ですが、センターからやや右側についていて目の移動が少なくて済みます。

トヨタ プリウス

ハイブリッドインジケータやシフトインジケータ、スピードメーター類が一目でわかるようになっています。

トヨタ プリウス

本革巻きのハンドルは握りやすく、オーディオスイッチやエアコンスイッチ等が装備されています。

トヨタ プリウス

青いシフトノブがハイブリッドの雰囲気をだしています。オーディオやエアコンのスイッチ類はすっきりと収まってはいますが、ほぼ平面的なので慣れるまではどこになんのボタンがあるのかつかみにくい気がします。

トヨタ プリウス

運転席から後方を見ますと、CR-Xを思わせるかのようにリアガラスが2枚ついていて見やすい工夫がされています。

さて、運転してみましょう。
プッシュボタンにて車に電源を入れます。ここではエンジンがかかりませんので、車内はシーンと静まりかえっています。シフトをDに入れてアクセルを踏むとモーターの力だけで車が動き出します。エンジンがかかってないので動きだしても静かです。スピードを上げていくと、いつの間にかエンジンが始動しています。いつエンジンがかかったのかわからないくらいです。
プリウスにはパワーモード、エコモード、EVモードがあります。エコモードで上り坂を走行中にパワーモードに切り替えたところ、アクセルを踏んだかのようにぐんぐん加速していきます。またEVモードは数百メートルくらいはモーターのみで走ります。
走行中でも静かな車内なので、個人的にはオーディオにこだわって、いい音でドライブしたい車です。低音から高音まできれいにきこえるんだろーなー。

気になる点もありました。慣れの問題かもしれませんが、アクセルやブレーキを踏むときグニューという感じがあります。アクセルもブレーキも踏んだ瞬間反応するのではなく、ワンテンポ遅れてから反応します。違和感がありました。

でも、まじめに作られている車だと感じます。もう少し遊び心があってもよさそうな気もしますが・・・

ムーブ カスタム L150/160 ヴァルド SPORTS LINE

ダイハツ ムーブ カスタム L150/160 M/C ヴァルド before SPORTS LINE フロントスポイラー

ダイハツ ムーブ カスタム L150/160 M/C ヴァルド before SPORTS LINE フロントスポイラー

ダイハツ ムーブ カスタム L150/160 M/C ヴァルド before SPORTS LINE エアロパーツ3点セット

ダイハツ ムーブ カスタム L150/160 M/C ヴァルド before SPORTS LINE エアロパーツ3点セット

ダイハツ ムーブ カスタム L150/160 M/C(H14,10~H16,12)WALD/ヴァルド before SPORTS LINE
エアロパーツ3点セット
フロントスポイラー
サイドステップ

ダイハツ ムーブ カスタム L150/160 M/C ヴァルド before SPORTS LINE リアスカート

リアスカート
WALD社製・日本製/素材:FRP製(未塗装)

ワクワクした感情!MB9レガシィB4インプレション

こんにちはハムコです。今日、仕事の合間にスバルの新型車BM9レガシィB4を試乗する機会がありました。今までは排気量が2000ccもありましたが、BM9レガシィは2500ccのNAとターボの構成です。レガシィもついに海外向けのモデルへと変貌してしまったのか?どこかの記事でレガシィの海外販売は堅調だ、と書いてたような・・・。
雑誌やインターネット、カタログでレガシィの写真を見て外観のデザインに高級感が出ていると思っていました。実際、実物を見ると期待を裏切ることなく、久しぶりにワクワクした感情がこみ上げてきました。

BM9レガシィ

第一に感じた印象は車がでかい!
全長・全幅が拡大し、なんといってもダクト付ボンネットのボリュームがますます車体を大きく見せているようです。このブラックのボディカラーといい、ツリ目のヘッドライトといい、後方へ流れるルーフラインがとてもきれいです。

BM9レガシィ

リヤのデザインも力強さを感じます。レクサスに似てますが・・・。
ドアバイザーにメッキのモールが貼り付けられていて、ドアバイザーを付けてもサッシュのデザインを損なわないような工夫がされていました。
タイヤはブリヂストンのポテンザ、225/45R18を履いていましたのでこのレガシィB4のグレードは2.5GT Sパッケージだと思われます。
リヤとフェンダーにもボリュームがあります。

BM9レガシィ インテリア

インテリアはブラックで統一されスポーティな雰囲気を出しています。
なんといってもシートのデザイン、座り心地がGOOD!ファブリックと合皮の使い方が巧いと思いました。シート形状はセミバケットタイプでしかっりとホールドしてくれます。また後席から見るとわかるのですがシートの後ろ側が反り返っている形をしていて、後席に乗る方の足部分の空間を広げてくれているかのようです。

BM9レガシィ 後席

後席にもしっかりとアームレストがあり、4人で乗っても充分な空間を確保できます。また後席からでも前方が見やすく閉塞感は感じられませんでした。

BM9レガシィB4 トランク

トランク内はサスの付根部分が張り出していて、仮にも広いとはいえませんが奥行きがあり意外と荷物が積めるのかも?

BM9レガシィB4 

BM9レガシィB4にはサイドブレーキレバーがありません。この「P」のボタンを押すことによりサイドブレーキがかかりアクセルを踏むことによって解除されます。

BM9レガシィB4 SIドライブ

いまやスバルの定番になったSIドライブ。パワーがほしいとき、燃費を稼ぎたいときに応じて簡単にセッティングできるスイッチです。アクセルを一定にして「I」または「S」から「S#」につまみを回すだけでパワーを体感できます。

BM9レガシィB4 メーター

メーター類は黒ベースに白のコントラストでシンプルで見やすいと思います。

BM9レガシィ エンジンルーム

カバーがついててわかりませんが、有名な水平対向のボクサーエンジンです。奥にインタークーラーが見えます。
驚いたことがあります!なんとエンジンルームからフロントのタイヤハウスのインナーフェンダーが丸見えです。機会がありましたら、エンジンルームを開けてみてくさい。インナーフェンダーを触れますから。

走りの印象は、ターボ車なので加速はもちろん良いです。アクセルを踏めば心地よいターボの加速感が味わえます。Gを感じる走りも出来ます。スピードを出しても室内は充分会話ができますし、多少ロードノイズが聞こえるくらいです。
それにしてもレガシィという車は、走りが良い車ですね。試乗したMB9レガシィにはビルシュタインのダンパーが標準でついていました。地面を吸い付くように走ります。
気に入ったのはブレーキの効きです。いくらスピードが出ていても、ブレーキを踏むと踏んだ瞬間から減速します。この安心感は大事だと思います。

ハイブリッドにはワクワクしなかったハムコが簡単にご紹介いたしました。
おすすめの1台です。


検索フォーム

メニュー

ご訪問感謝です!

ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。