スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サビ対策したらしい!?スズキ 新型 軽トラック「キャリイ 」 新型車速報




スズキ 新型軽トラック「キャリイ」キャリイ KX スペリアホワイト

スズキは2013年8月29日(木)、14年ぶりのフルモデルチェンジを実施し、9月20日(金)より発売する新型軽トラック「 キャリイ」を発表した。

1961年の初代「スズライト キャリイ」デビュー以来50年余り。今モデルで11代目となる新型キャリイは、従来型から大きく方針を変更。キャブオーバー型とし、あぜ道などの狭いところでも小回りが効くショートホイールベース化を実施した(従来モデルではショート版とロング版の2種を設定)。いっぽうでキャビンを拡大。特に乗降時のアシ捌きを容易にするため、足元空間に余裕を持たせた。

また軽量化を実施し燃費の向上を図るいっぽう、ボディの強化により衝突安全性能を向上。さらに、軽トラックのあらゆる用途に耐えるべく、サビ対策をさらに図りクラス最長のサビ保証とするなど、信頼性の向上も図られた。~オートックワンより


狭いところでも小回りが利くショートホイールベース化は確かに便利。しかし、中にはロングホイールベースのキャリイトラックが直進安定性が良いということで購入していたユーザーもいる。ショート版とロング版が選べないことはコスト重視か?
サビ対策は大いに歓迎だが、その実力はいかに?塩害地域でも耐えてくれるのかな?

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

メニュー

ご訪問感謝です!

ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。